M&Aが実行される理由は会社によって異なります

M&Aが行われる理由

M&Aと言いますのは、合併及び買収ということを意味します。いくつもの会社組織が1つの組織に一元化されたり、会社組織が実施していたプロジェクトのひとつを他の会社に譲渡したりする行為を指します。M&Aが施される要因は複数ありますが、メインの理由は競争力強化といえます。新しい事業を考える場合、ゼロから研究開発をスタートすると時間、予算がかかります。そのためスピーディーに確実に新しいテクニックを獲得するため、もうすでに事業化している会社組織を一切合切買収します。それに加えて、外国に進出したいケースも本場の商習慣を会得する手間を抑える為に現場の会社組織を手にする例があります。いくら予算が豊富だとしましても会社組織全体、あるいは事業を手にするのは困難を伴うため、経営者間で時間をかけて煮詰めるのが普通です。交渉の結果、M&Aがうまくいかないこともあります。

中小零細企業においてのM&Aとは

競争力増強に役に立つM&Aは、一流法人が核となって行われるのは普通です。中小零細企業においてのM&Aは、幾分内情が違います。競争力増強のために実施されることもありますが、組織をキープするために為されるM&Aもあります。中小零細企業のケースでは、後継者に関する問題を持っていることが少なくありません。創立者が長期にわたって経営を続け高齢になったというようなケースで、次の社長の選択肢がない場合があります。親族をふくむ社員の誰かに継承させたいとしても、経営者が務まる人材は易々とは育ちません。そのため、M&Aによりまして別の会社と協調することで組織をキープしようとします。

M&Aとは簡単に言うと企業買収のことで、ある企業が他の企業を買い取って自社の傘下にすることを言います。