ただ仕事をするだけという意識はもったいない

仕事は自分や家族が生活するためのお金を得るために取り組むため、お金のためとはっきり割り切ることは問題ないです。しかし、割り切ったからといってただ仕事をするだけという意識ではもったいないです。多くの時間を費やすわけですから、得意ではない仕事や避けたい仕事だったとしても、自分の成長に役立つことを探すようにしましょう。つまり、仕事の内容に関係なく、向上心を持ちながら働くことによって、自分の能力を少しずつ高められます。しかし、取り組んでいて苦痛ばかりだったり、成長に繋がる要素を見出せなかったりするのであれば、別の仕事を模索すべきです。たくさんの会社や職業が存在しているので、その中の1つだけにこだわるよりは、より良いものを求めて行動する方が価値があります。

向上心を持っていた方がやりがいは大きい

最初は難しく、上手にできなかったことだったとしても、何回も行う中で上達すれば、以前よりも簡単に感じられるようになり、無難に終えられるようになります。仕事を無難にこなせることはとても大事ですが、そこで満足してしまうとより高いレベルに成長するのが難しくなります。すでに定年や退職が近づいているのであれば、次の人生や仕事に向けて仕事を無難にこなすのは間違っていません。しかし、定年までまだ年数があり、勤務を続ける予定であれば、自分や会社のために成長しなければなりません。向上心を持ちながら仕事をするのは楽なことではないですが、成長を実感したり、給与がアップしたりなど、実感すると嬉しいことはたくさんありますし、やりがいは大きい方が良いです。

ワークフローとは、ある企業において行われる業務の、一連の流れのことです。この流れを図式化したものを指す場合もあります。