倉庫の使い道は自由に決められるのであると便利

物を減らす努力には限界がある

部屋の中に物が多い場合、減らすために努力するのは普通の考え方です。しかし、整理整頓を実行した結果、必要な物ばかりだった場合は効果を感じられないでしょう。このケースで最も効果的なのはさらに広い住まいに転居することです。広い住まいになれば物を置けるスペースが多くなるため、これまでよりは快適な空間になります。ですが、広い住まいを選ぶことになれば契約費用や購入費用の負担が大きいため、簡単に決断できることではありません。しかし、誰でも簡単に物を置く新しいスペースを確保できる方法が残されています。たとえば、倉庫を購入したり、レンタルしたりすることによって、希望している通りの物を置くためのスペースを作れます。

自分で使い道を決められる

倉庫の使い道は自分で決められるため、とても便利なスペースを確保するための選択といえます。自宅に書籍が多い場合は読む機会が減った物を倉庫に多く収納すれば、自宅を広くすることができます。また、季節物の家電や使用頻度の低い家具を収納するために利用する場所にも最適です。ただ、倉庫に物を収納する時は湿気や虫への対策がとても重要です。書籍や家電、家具は湿気に弱いので避ける必要がありますし、衣類に虫が付くと劣化するでしょう。そのため、換気が可能で虫が侵入しない倉庫を選ぶことが大事です。また、絶対に湿気や虫による影響を受けたくない物は、倉庫に収納するよりは自宅で保管した方がリスクは少ないです。ですから、倉庫に収納する物は慎重に選別すると良いです。

3PLとは、「third・party・logistics」それぞれの頭文字を取って略された言葉であり、物流業界で荷主が第3の専門業者に対して業務の全体もしくはその一部を委託する、というものです。