個人事業主で確定申告するなら青色申告がおすすめ

青色申告と白色申告ってどう違うの?

個人事業主で確定申告をする場合、青色申告で手続きする場合と白色申告で手続きする場合の二種類があります。青色申告と白色申告のどちらで申告しようか迷っているのであれば、青色申告で手続きするのがいいでしょう。青色申告には節税面で白色申告にはないさまざまなメリットがあるからです。まず、青色申告で手続きすると課税対象額からの控除額が65万円となります。白色申告の場合は10万円なのでその差は歴然です。他にも貸し倒れ引当金を利用できたり赤字を3年間繰り越して収入と相殺したりすることができます。備品や建物などに使った経費も白色申告で計上すると10万円以上は一括計上することができないのですが、青色申告だと30万円未満であれば一括計上することが可能です。

青色申告する際の注意点

青色申告にはさまざまなメリットがあるのでおすすめですが、注意しなければならない点もあります。青色申告で手続きする場合は、少し複雑な複式簿記で行わなければなりません。複式簿記にする場合は、専門的な知識や会計ソフトが必要になります。複式簿記での申告は会計の知識がないとミスをしてしまい、追徴課税などがかかってしまう場合があるので注意が必要です。

また青色申告で確定申告したいのであれば事前に申請が必要になります。申請方法は青色申告承認申請書を開業届を提出する時に一緒に提出するか、その年の3月15日までに提出するかの二通りです。新規開業をした場合は2ヶ月以内に申請する必要があります。

やる気と根気、少しの知識があれば、青色申告は自分でできます。申告書を自分で作成し、毎年の経費を削減しましょう。